CLOSE

OPEN

LINE

MONTHLY GOAL

今月の目標

努 力 2024年6月

「求めなさい。そうすれば与えられる。
探しなさい。そうすれば、見つかる。
門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。」

(マタイ福音書7章7節)

6月に入り、緑が濃くなってきました。中学校総合体育大会、高等学校総合体育大会の季節でもあります。

教会の暦では6月は「みこころの月」。ヴェリタス館エントランスに、イエス様がご自身の心臓をさしている木彫のご像があります。全ての造られたもの、全人類への神様の深い愛を象徴しています。 戦争や格差と分断が広がっている昨今、わたしたちにも忍耐と橋を架ける努力が必要とされています。

いつだったか、朝日新聞に「とび職から世界トップ大へ留学した鈴木琢也さん」の記事が載っていました。中学時代からヤンキーだったそうです。父親が仕事の都合上、50近くになって高校数学をやり直す姿を身近に体験し、彼は20歳で転職。ITの専門学校に通い、IT企業に就職するも、リーマンショックに。リストラを目の当たりにし、どうせならと世界トップレベルの大学を目指します。米国では「起きている時間はすべて勉強する」というルールを自分に課して実行します。そこで得たのは、ルールを自分たちで決め、未来を能動的に作っていく感覚だそうで、それは、ヤンキーの世界と似ているというのです。ルールを作るには、議論が必要で、議論するには自分なりの「軸」も必要になってきます。

軸と言えば、「否が応でも、国際社会を生きていかなければならない日本の子供・若者たちには察し合う、分かち合う日本文化に対する誇りを失わせないまま、少しずつでも他者に対して、言葉で説明する能力を身につけさせてあげたいと思う」。しかし、説明するということは空しいことでもあり、この空虚さに耐えることが精神の開国につながるのだと平田オリザさんはおっしゃっています。

最初はイエスに敵対し、後に命を賭してイエスを、神の愛を証していくパウロは言っています。「私たちは、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。」                       (ローマの信徒への手紙5章3.4節)

今月の目標 バックナンバー

2024年

6月
努 力
5月
思いやり
2月
克 己
1月
決 断

2023年

12月
感 謝
11月
犠 牲
10月
柔 和