奨学生制度

高等学校の奨学生制度および専願特典・部活動特典

種別 入試区分奨学生基準入学手続時に納入校納金(月額)
入学金教育充実
資金
授業料教育充実費
50,000円150,000円33,000円15,000円
学業奨学生奨学生A学校推薦3年間の5教科評定平均値3.8以上支給支給支給支給
公立併願
自己推薦
3年間の5教科評定平均値4.2以上
一般入試入学試験総得点が240点以上
奨学生B学校推薦3年間の5教科評定平均値3.3以上支給支給支給半額
(7,500円)
納入
公立併願
自己推薦
3年間の5教科評定平均値3.8以上
一般入試入学試験総得点が210点以上
奨学生C学校推薦3年間の5教科評定平均値3.0以上支給支給納入納入
公立併願
自己推薦
3年間の5教科評定平均値3.3以上
一般入試入学試験総得点が180点以上
部活動奨学生奨学生A部活動推薦3年間の5教科または全教科評定平均値が2.7以上で、正選手として県大会に出場し、ベスト8以上の成績を収めた者(※1)支給支給支給支給
奨学生B3年間の5教科または全教科評定平均値が2.7以上で、正選手として県大会に出場した者(※2)支給支給支給半額
(7,500円)
納入
同窓生奨学生祖母・母・姉(在学中含)が本学院中学校・高等学校の同窓生である者支給納入納入納入
専願
特典
学校推薦合格者全員(3年間の5教科評定平均値2.7以上2.9以下)納入支給納入納入
専願
自己推薦
合格者全員
一般入試専願志望の合格者全員
部活動特典学校推薦該当する部(剣道・バレーボール・ソフトテニス・バトントワリング)の活動実績があり、入学後、該当部活動への入部が条件。
※専願特典にも該当。下記④参照。
支給支給納入納入
専願
自己推薦

【留意事項】

奨学生制度はすべてのコースが対象です。(第2志望のコースで合格した場合でも奨学生基準をみたせば奨学生として採用します。)
部活動奨学生A・B、部活動奨学生A・Bの奨学は原則3年間としますが、入学後の学習状況・生活状況・活動状況によって取り消されることがあります。
学業奨学生A・B、部活動奨学生A・Bの毎月の授業料については、就学支援金を除く金額を支給します。
部活動特典は、専願特典に該当する、学校推薦の合格者(3年間の5教科評定平均値2.7以上2.9以下)と専願自己推薦合格者が対象になるため、入学金と教育充実資金を支給します。
建学の精神および校風に合致し、経済的に困難な家庭の入学者に対して授業料相当額を支給する「貸与奨学生制度」があります。
2021年度の募集については新型コロナウィルス感染症の影響を考え下記の条件を部活動奨学生の基準とします。
※1 3年間の5教科または全教科評定平均値が2.7以上で、正選手として県大会に出場し、在籍中学校の校長または部活動顧問等が優秀であると認めた者
※2 3年間の5教科または全教科評定平均値が2.7以上で、正選手として地区大会に出場し、在籍中学校の校長または部活動顧問等が優秀であると認めた者

聖ドミニコ学院授業料減免制度

区分世帯区分および
保護者の所得要件
納付すべき授業料の額から
就学支援金を減じた額
⑴生活保護世帯 ⑵県民税及び市町村民税が課されていない世帯 ⑶県民税の所得割及び市町村民税の所得割が課されていない世帯 ⑷保護者の死亡、疾病、障害又は失職等により⑴から⑶に定める者と同程度に生活が困窮していると認められる世帯 本来納付すべき授業料の額から
「就学支援金の額を減じた額」の
10割(保護者負担なし)
⑴母子世帯又は父子世帯であって、かつ、県民税の所得割額と市町村民税の所得割額の合計が、100円以上95,000円以下の世帯 ⑵保護者の死亡、疾病、障害又は失職等により⑴に定める者と同程度に生活が困窮していると認められる世帯 本来納付すべき授業料の額から
「就学支援金の額を減じた額」の
7割(保護者負担3割)
⑴母子世帯又は父子世帯であって、かつ、県民税の所得割額と市町村民税の所得割額の合計が、95,001円以上128,300円以下の世帯⑵母子世帯又は父子世帯を除く世帯であって、かつ、県民税の所得割額と市町村民税の所得割額の合計が、100円以上111,700円以下の世帯⑶保護者の死亡、疾病、障害又は失職等により⑴又は⑵に定める者と同程度に生活が困窮していると認められる世帯 本来納付すべき授業料の額から
「就学支援金の額を減じた額」の
5割(保護者負担5割)
交通遺児は、保護者が自動車事故により死亡し、又は自動車損害賠償法施行令に該当することになった者で、交通遺児等高等学校授業料減免授業補助金の補助対象となる者 本来納付すべき授業料の額から
「就学支援金の額を減じた額」の
10割(保護者負担なし)

※2020年度の実施内容です。2021年度につきましては、変更される場合があります。

その他の制度

財団法人、県等の様々な奨学金制度があります。

  • 宮城県高等学校等育英奨学資金
  • 岩井久治記念奨学育英基金
  • 亀井記念財団
  • 交通遺児育英会
  • あしなが育英会

PDFダウンロード